ごあいさつ

代表 後藤日出男

弊店は昭和43年の創業以来、皆様のご厚情をいただいて今日まで営業させて頂いております。
「喫茶フランセ」から始まり、その後「中国料理 龍園」を開店しました。
長年にわたるご愛顧に心から感謝申し上げますとともに、皆様の今後、益々のご健勝をお祈り申し上げます。

店長 後藤義和

弊店ホームページにご来店いただき、誠にありがとうございます。

さて、「中華=油っこい、高カロリー」を連想される方も、少なくないと考えております。
弊店ではそんなイメージを覆すべく、いくつかのこだわりがあります。

まず、一流ホテルにも引けを取らない龍園の命でもあるスープです。
化学調味料や独特な臭み、余計な油分のないスープは手間もコストも掛かりますが、妥協はできません。
黄金色に透き通ったスープは、あっさりしており、とても上品な味わいです。

中華料理の要でもある調理油には体の脂肪となりにくい、精製された上質な植物油脂である白絞油を使用しております。

また、一例として、炒め物では油にサッと通した素材を、お湯で余分な油を落とした後、味付けをし炒めております。
この調理法により、後味もしつこくなく、最後まで美味しく召し上がっていただけるのです。

調味料や添加物の問題に関しても気は抜けません。 食塩はミネラル分を多く含んだ沖縄産の天然塩を使用しております。
点心も無添加・無着色・手作りを守り、安心してお食事ができる環境を整えております。

また、マグロや伊勢海老など、魚介類も常に獲れたての状態でご提供できるよう、
次世代冷凍技術である「NICE=01」をいち早く導入しております。

お値打ちなアラカルトから本格中華まで、お客様のご要望、ご予算に幅広く合わせ、
お客様のたちばになったお店づくりの為、従業員一同、日々課題を持ち、現状に満足することなく邁進してまいりますので、
今後とも、宜しくお願い致します。

料理長 謝英茂

今日までの経験を生かし、日本の食文化を探求しながら、旬の素材を大切にし、中華料理のみにこだわらずおいしいお料理をご提供して参ります。

<略 歴>
高雄旗山大飯店、台湾安楽大飯店を経て、台湾三徳大飯店で料理長を務める。
その間、台湾海外調理学校と中西調理学校の教師として、約1000人の生徒を教育する。
38歳でホリデイ・イン水戸の中華料理長に就任後、数々の全国の一流ホテルの料理長に就任。
<受賞歴>
台湾全国調理師大会 優勝

<前 職>
城山観光ホテル(鹿児島)中華統括調理長